HOME > 相続の基礎知識 > 相続税の申告時期と場所

相続税の申告時期と場所

相続税は必ず収納めなければならないのですか?

贈与税[*]の基礎控除額は1人につき、1年あたり110万円です。つまり、個人から個人に対する贈与では、暦年(1月1日から12月31日まで)に贈与を受けた財産の合計が110万円以上の場合、贈与を受けた人が贈与税を納める義務があります。

ただし、死因贈与の場合は、贈与税ではなく相続税が課されます(相続税法1条)。

贈与税は相続税より基礎控除[*]が低く、取得金額に応じた税率が高めになります。たとえば、贈与税率は、基礎控除及び配偶者控除後の金額が200万円以下で10%、同600万円以下で30%、同1000万円超で50%ですが、他方で相続税率は、基礎控除後の金額が1000万円以下で10%、同5000万円以下で20%、3億円超で50%です。

贈与税の速算表

課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% 0
200万円超~300万円以下 15% 10万円
300万円超~400万円以下 20% 25万円
400万円超~600万円以下 30% 65万円
600万円超~1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円
税務のご相談にも対応します! TSB NET ホームページはこちら

ページトップへ