TOP > 弁護士のご紹介 > 池田 健人

弁護士(アソシエイト) 池田 健人

私が弁護士として仕事をしていく上で、常に意識していきたい言葉が一つあります。それは、”クライアント・ファースト”です。

すなわち、依頼者の皆さまが”真に”求めておられるものは何か、最大限の満足をして頂くにはどうするべきか、ということを常に念頭に置いた上で、目の前の事件に向き合っていきたいということです。

金銭的な満足を得る目的なのか否か、法的な解決を求めるのか心情の部分の解決を求めるのか等、クライアントの皆さまのニーズは事件によって千差万別です。

それに対して、一つ一つオーダーメイドの提案、解決策を示していくことこそが弁護士に最も求められていることだと考えています。

お客様の顔を直接見ることができ、毎回毎回新鮮な体験ができるところに弁護士としての醍醐味を感じています。

経歴

  • 2007年3月  私立東大寺学園高等学校 卒業
  • 2013年3月  京都大学法学部 卒業
  • 2015年3月  京都大学法科大学院 修了
  • 2015年9月  新司法試験 合格
  • 2016年12月 司法修習 修了
             大阪弁護士会 弁護士登録(69期)
             事務所入所

所属・活動

  • 大阪弁護士会 弁護士業務改革委員会
  • 大阪弁護士会 遺言・相続センター運営委員会

ページTOPへ