TOP > 弁護士のご紹介 > 杉田 峻介

弁護士 杉田 峻介

弁護士の仕事には様々なものがありますが、入所以降、「今すぐ何とかしなければならない」というような緊急の対応を要する案件や、事実関係や法律関係が複雑な事件に比較的多く携わってきました。

弁護士にできることには時に限界もあります。しかし、依頼者の方々が困難な問題に直面している場合でも、事実面・法律面双方からの詳細な調査・分析、様々な切り口・視点での検討、そして柔軟な法的手段の選択によって、その解決の「突破口」を開くことができる場合があります。もともと法律とは異なる分野で得てきた発想と経験、調査やプレゼンの手法も用いつつ、多様な手段を駆使して、依頼者の皆様にとって最善の「解決」を実現できるよう努力していきたいと思います。

また、大学時代から環境問題をライフワークとしており、社会的耳目を集める環境事件にも携わっているほか、再生可能エネルギー、リユース・リサイクルその他環境分野に取り組む企業やNPOの支援にも大きな関心を持っています。

経歴

  • 2003年 大阪府立北野高校卒業
  • 2008年 京都大学総合人間学部国際文明学系卒業(専攻分野 環境政策・環境経済学等)
  • 2012年 神戸大学法科大学院卒業・司法修習生
  • 2013年 弁護士登録(66期)

所属・活動

  • JELF(日本環境法律家連盟)
  • 大阪弁護士会公害・環境委員会 新エネルギー部会
  • Result(リザルト)~再エネ応援弁護団
  • 環境法政策学会
  • 日本災害復興学会

主な取扱分野

  • 民事保全(仮差押、仮処分、保全異議など)
  • 契約関係訴訟、債権回収全般、民事執行
  • 土木・建築事件(請負代金、瑕疵修補、損害賠償等)
  • 不動産関係事件(売買、賃貸借、相隣関係、境界)
  • 環境事件・環境法務(再生可能エネルギー、開発、廃棄物、土壌汚染、防災)
  • 中小企業法務全般、一般民事・家事・刑事事件、債務整理等

ページTOPへ